自律神経失調症(自律神経の不調)でお困りの方へ

自律神経とは

脳幹(のうかん)は間脳(かんのう)・中脳(ちゅうのう)・橋(きょう)・延髄(えんずい)からなり、自律神経は脳幹でコントロールされています。

自律神経には交感神経と副交感神経とがありますが、交感神経は体を活発に働かせ、副交感神経は反対に体をゆったりとさせたり、下表のように2種類の異なる神経により体のバランスが保たれます。

交感神経 副交感神経
心身の緊張 心身のリラックス
瞳孔の拡大 瞳孔の縮小
気管支の拡張 気管支の収縮
心拍の増加 心拍の減少
筋肉の緊張 筋肉の弛緩
血圧の上昇 血圧の下降
胃腸の働きの抑制 胃腸の働きの促進
呼吸が早くなる 呼吸がゆっくりになる
血管の収縮 血管の拡張

自律神経は意識や状態には関係なく24時間休みなく働き、体温調整を始め呼吸や心拍など寝ている時も意識することなく働き続けています。

自律神経失調症と呼ばれるのは、病名というよりも症状のことであり、交感神経と副交感神経のバランスが乱れるから不調が起こることを指しています。だるさや全身倦怠感・めまい・のぼせ・冷え症・頭痛・動悸・下痢など不定愁訴(原因が良くわからない症状)が出てきますが、バランスの乱れだけではなく自律神経そのものの力、交感神経と副交感神経そのものの力だが落ちているようにも感じます。

自律神経は全身をコントロールしている為、自律神経バランスを整える事で、緊張していた筋肉は緩まり、緩み過ぎていた筋肉は引き締まります。また自律神経は内臓の働きのコントロールやリンパや血液の循環にも関係しているので、自律神経のバランスを整えて元気にすることは全ての症状改善には欠かせません。

なぜ自律神経失調症と呼ばれる状態になるのか?

自律神経失調症の原因になるものは【ストレス】です。その時に世間一般でよく言われるのは【精神のストレス】ですが、体に影響を与えるストレスには様々な種類があります。例えば、体は一定の体温を保とうとしますので、季節の変わり目の気温差も大きなストレスになります。他にも血糖値の上がりやすいものを多く口にすることでの血糖値の急な上昇や下降も自律神経にはストレスになります。詳しくはこちら【体のストレスって何?】をご覧ください。

それらストレスが過剰にかかることで自律神経の負担も大きくなり、自律神経の慢性的な負担と疲労により本来のバランスが崩れてきます。自律神経の働きが悪くなることで全身の働きも悪くなり、身体を流れる体液(血液・リンパ液・脳脊髄液)の流れも悪くなります。脳脊髄液(のうせきずいえき)の説明はこちら【脳脊髄液って何?】

それら体液の流れが悪くなることで、脳への脳脊髄液による圧迫ストレスが加わります。これが体、脳への最大のストレスとなり、脳・自律神経の働きが悪くなります。

精神的なものだけではなく様々な【ストレス】による【自律神経の疲労】が原因になってきますが、人によってその症状の出方や強弱も様々です。その背景には元々の体質、自律神経の生まれつきの強さも関係します。また自律神経の疲労が起こった際、人により症状が違う事もありますが、それは疲れた内臓や元々弱い内臓に症状が出てきやすくなります。

自律神経の疲労を取り除くには?

一般的に言われているのは、睡眠や食生活に気を付ける。そして規則正しい生活リズム、精神的なストレスを発散する事など言われています。確かに一番は寝る事で脳の回復が必要ですが、その前に質の良い睡眠を取る為、自律神経の中枢である脳幹への圧迫ストレス解消が必要になります。

自律神経を芯から元気にする!!

当院の施術では頭のむくみを取り除き、脳の疲労改善を行っていきます。また固まり働きが悪くなってしまった脳幹を活性化させていきます。元々の自律神経の弱さに対して調整を行う事で、ストレスに対応できる強い体に調整していきます。

 

 

草津市の整体なら口コミ人気NO.1のエナジープラスカイロプラクティック院へ 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel077-532-7417

Tel077-532-7417
タップして電話する

〒525-0027 滋賀県草津市野村2-21-20
琵琶湖線 草津駅から、徒歩15分

ページトップへ戻る