自律神経失調症やうつ症状について

自律神経とは?

illust_1

自律神経は上図の脳幹部でコントロールされています。
自律神経には交感神経と副交感神経の2種類があります。

交感神経は体を活発に働かせ、反対に副交感神経は体をゆったりとさせる働きを持ち、2種類の異なる神経により体のバランスが保たれます。

自律神経失調症と呼ばれるのは、交感神経と副交感神経のバランスが乱れることをいい、だるさや全身倦怠感・めまい・のぼせ・冷え症・頭痛・動悸・下痢など不定愁訴(原因が良くわからない症状)が出てきます。

自律神経は全身をコントロールしている為、自律神経バランスを整える事で、緊張していた筋肉は緩まり、緩み過ぎていた筋肉は引き締まります。

また自律神経は内臓の働きやリンパ循環・血液循環にも関係しています。

その為、自律神経のバランスを整え活性させる事は全ての症状改善には欠かせません。

そういった自律神経失調症の原因を世間一般では【精神的ストレス】の一言でかたずけてしまう傾向にあります。

確かに精神的ストレスの影響もあるでしょう。では同じように精神的ストレスがかかっても大丈夫な人、特に思い当たる精神的ストレスがないのに症状が出る人がいます。その差は何なんでしょうか?

【自律神経の乱れの原因】

  illust_2

自律神経失調の原因は、 頭蓋骨内のむくみにより脳が圧迫され脳の血流、特に脳幹部の血流が悪い事が大きく関係していています。

keitui2

また首の上部の歪みにより、自律神経の中枢である脳幹を圧迫する事も、脳の力を奪い本来の自律神経の働きを妨げます。

首のゆがみ脳の圧迫ストレス状態が長期間続く事により、自律神経のバランスが崩れるだけはなく、自律神経の力自体が低下します。また大脳が圧迫され続ける事で、精神分野への影響も出てきます。

自律神経の不調が続く事で、心拍・血圧の問題、呼吸の問題から動悸や過換気症候群やパニック発作、胃の不調、腸の不調など内臓機能全てに関係します。更にその方にとって体質的に弱い部分が目立って症状として現れてきます。また興奮状態の為、寝付けない、質の良い睡眠が取れない不眠と言われる状態にもなります。

20160202  20160202 (3)

この著書にもあるように、首の不調が原因とされる「新型うつ」も近年注目を集めています。

全て精神的な問題ではなく、体の不調から起こる精神的な問題もあります。そういったケースでは首の歪みと頭のむくみを取り除く事で、脳幹の血流が改善し自律神経に本来の力を取り戻し精神的な問題も解消されていきます。

自律神経の問題、うつ症状、メンタル・精神的な問題を、
当院では「心」からではなく「体」からアプローチしていきます!!

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0Print this pageEmail this to someone
草津市の整体なら口コミ人気NO.1のエナジープラスカイロプラクティック院へ 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel077-532-7417

Tel077-532-7417
タップして電話する

〒525-0027 滋賀県草津市野村2-21-20
琵琶湖線 草津駅から、徒歩15分

ページトップへ戻る